人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自由は土佐の加茂より


昭和30(1955)年の合併で消えた加茂村より雑感発信
by bx_16v
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

横浜マリノスの不振2

柏時代には鶏を追いかけるだけのトレーニングなどパフォーマンスにしても?の指示が多かった。
今回の監督就任時のコメントは「前がかりで相手をおもちゃにした強い日産サッカーの復活」。
木村和司や水沼貴史のいた黄金時代を復活させるという意気込みだけはよかった。
しかし久保・奥の去ったマリノスにその役割を果たす選手はいない。
サイド攻撃の起点であったドゥトラも解雇、あまりにも主軸を失いすぎた。
急ぎ獲得した鈴木隆行はもともとチームプレイの中で泥臭く点を獲るFWである。
確固たる中盤の展開力に欠ける今のマリノスでは鈴木を生かすのは難しい。
さらに早野監督はDF松田直樹をボランチにコンバートするという暴挙に出ている。
松田はジーコとの不仲からW杯ドイツ大会の代表から漏れたものの能力は際だっている。
(中田英寿が最後まで解決しない問題と述べたのは松田の代表漏れという意見は多い)
183cmの体躯と当たり負けしないフィジカルの強さ、攻撃的すぎるという難点はあるが。
松田のプレースタイルは自チームバランスを崩してでも相手の攻撃の目を潰す事が多い。
その松田にチームの舵取り、即ちバランスをとる役割を要求するのは無理がありすぎる。
そして試合を見るとマリノスのバランスはガタガタである。
バランスを無理にとろうとして引いてしまう、結果中盤が間延びして前線は孤立する。
ロングボールを放り込むだけになるが高さのある松田・中澤は後ろにいるのでつながらない。

左伴社長は6月で退任するという、自ら招いたコスト優先人事の結末を見届けもせず。
このままでは晩秋の残留争いに食い込むのは間違いないのだが。
by bx_16v | 2007-04-21 23:29 | スポーツ
<< うどんだどーん 横浜マリノスの不振1 >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧