人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自由は土佐の加茂より


昭和30(1955)年の合併で消えた加茂村より雑感発信
by bx_16v
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

特定団体

某政党の選挙を支えている特定団体を見ると自動的に拒否反応が起きる。
はっきり言わせてもらうと虫唾が走る類の部類に属する。
人権の名の下に徹頭徹尾自分たちだけの占有権利を主張し利益誘導を図る。
些細な一言をとらえて過去数百年にわたる差別を訴え徹底的に糾弾する。
出向いてやればまだしもその関係者少数を呼びつけ圧倒的多数で罵倒しまくる。
相手を指さしただけで差別に値する表示方法だと集団で罵倒されるのである。
小学校中学校とその団体関係者の多い校区に住んでいたので他にもいろいろと実例も見た。
何せ数十年前の話を持ち出して人権問題と言われてもわかるわけはない。
多くの人々はそういった面には関係ないのにごく一部の団体関係者が常に舞い上がっている。
当人同士のトラブルではないのに一面識もない団体関係者がしゃしゃりでてすべてをぶち壊す。
市議だか県議だかしらんが子供同士のたわいのない会話に一方的に踏み込む傍若無人ぶり。
前日まで仲の良かった同級生と一瞬のうちに引き裂かれる子供のショックは人権にも値しないらしい。
(当人同士及びその家族も何も争っていないにも関わらず)
以前自転車(ロードレーサー)で練習中に自動車と衝突した際にもこの手合いともめまくった。
自分達の主張だけが常識となり人権問題と結びつけられ、対抗するには非常識合戦へと変貌するのである。
その非常識に屈してきて甘えて来た某自治体は財政危機に陥りながらもまだ付き合いは続いているらしい。

誤解を招かないようにしておくがすべての選挙において過去に一度も現政権政党への投票はない。
と言ってカルト宗教政党や時代遅れの中央集権政党への投票もないし、無投票だったこともない。
国政選挙においては県内外に関係なく山原健二郎氏以外はすべて白紙で投票している。
いわゆる山原党の類に属する浮動票の一部である。

しかし今回選挙で政権を握ったとなるとこの特定団体は圧力を強める可能性は高い。
選挙カーに同乗する団体幹部の姿を見るたびに頭痛がつのる。
by bx_16v | 2009-08-23 21:50 | 学校/地域
<< 離反 ツアー下見 >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧