自由は土佐の加茂より


昭和30(1955)年の合併で消えた加茂村より雑感発信
by bx_16v
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鉄塔上から横浪方面

c0109133_20494763.jpg

仕事で春野の海岸沿いにある鉄塔登り、高さは約20m少々か。
風が強く寒かったのと曇りで遠望が効かなかったのが残念。
晴れていれば手箱山あたりは見えたはずなのだが。
[PR]
by bx_16v | 2009-01-26 20:53 | 学校/地域

黒潮うどん

c0109133_2240733.jpg

午後1時過ぎに土佐市高岡の黒潮うどんで昼食。
注文したうどんを受け取って天ぷら・おにぎりなどを自分で選ぶセルフ方式。
かけ(大)¥350+玉葱天ぷら¥80+ちくわ天ぷら¥80合計¥510也。
営業時間は11:00~14:30と短くお昼時を過ぎると天ぷらの種類も少なかった。
駐車場は広いのでまず入れない事はないだろう、店内もみかけより広い。
[PR]
by bx_16v | 2009-01-20 22:44 | 食べ物/農業

薪作り2009partII

午後から佐川町の山中で雑木を伐採して薪作り。
c0109133_22195874.jpg

8m前後の雑木を10本倒して運びやすいように40cmほどに切ってゆく。
地主が果樹園にするので冬中に伐採しておけばよいという条件で無料で薪確保。
薪ストーブの導入にあたっては薪の確保方法が後々の鍵を握ることになる。
良い薪の入手をいかに安く(実際には限りなく只が望ましい)行うか。
クヌギやナラが最高だが山林地主でない限りおいそれと手には入らない。
杉桧や雑木を組み合わせながらの薪確保というのが一般的だろう。
もちろん自力でチェーンソーと斧を使ってやらないと灯油代より高くつく。
[PR]
by bx_16v | 2009-01-17 22:39 | 薪ストーブ

小奥林道ツーリング

MTBを買い換えたので初ツーリングを決行。
購入したのはCOMMENSAL社製のNORMAL。
社長MAX COMMENSALは元2輪エンジニアでパリダカにも出場していた記憶がある。
自分の用途はツーリングのみなのでディスクは不要、サスも前輪だけでいいと判断。
もっともこのフレームはディスクへのアップグレードが可能ではある。
c0109133_1934050.jpg

自宅を9:05出発、強い風の中を西佐川経由で尾川地区へと走る。
古畑9:51、ここで峰へと登りを開始して峰10:26、小休止。
舗装路ではサスをロックしておけばロスは少ないので便利である。
峰から先の林道でロックを解除して走るが思いの外ストロークが大きく快適。
いったん下って柳瀬川源流の看板で小奥林道に合流、しばらくは舗装路となる。
ダートになる標高450m付近から路肩に雪が目立ちはじめやがて道も雪に覆われ小雪が舞い出す。
c0109133_22365577.jpg

止まると寒いので走りながらおにぎりを食べ先を目指すことにする。
標高630m付近の鞍部には12:31着、安芸市あたりまで見通せる見晴らしの良い場所だ。
c0109133_22384484.jpg

ただし見晴らしが良いということは当然風も強く寒い。
路面の雪が溶けていないということはそれだけ寒いので溶ける暇がないということだ。
アップダウンを繰り返しながら川の内への鞍部からの下りを快適にぶっ飛ばす。
下りきって斗賀野峠まで登り返しやっと小休止する。
バーナーでお湯を沸かして味噌汁とコーヒーを飲み、30分ほど休憩。
自宅に帰ったのは14:20、小奥林道は当面現状以上の舗装予定はないらしい。
標高差があるのでややハードだがMTBのツーリングコースとしてはオススメ。
[PR]
by bx_16v | 2009-01-11 23:02 | 車・自転車

薪作り

仁淀川を見下ろす高台で薪作り、栗の古木をいただいた。
c0109133_17561346.jpg

小雪舞う中での作業だったがとにかく寒かった。
小分けして来年用となる。
c0109133_17581944.jpg

今シーズンは11月下旬から稼働している。
今年は灯油代ゼロを目指していたのだが家の構造上やむを得ない場所があり10Lだけ購入。
[PR]
by bx_16v | 2009-01-10 18:10 | 薪ストーブ

しまだ製麺所

高知市長浜のしまだ製麺所で昼食。
c0109133_20132378.jpg

昨年10月にオープンしていたのは知っていたが機会がなかった。
最初に玉数を言ってどんぶりに入れてもらい後は自分でやるセルフ方式。
わかめうどんや肉うどんの場合はトッピングという形になる。
かけ(大)=2玉¥350とかき揚げ¥120で合計¥470。
やや高い値段設定、出汁ももう少しイリコが効いているほうが自分好み。
ま、何にせよ高知でもセルフうどんが増えることはいいことだ。
[PR]
by bx_16v | 2009-01-09 20:13 | 食べ物/農業

新春ガチンコトーク

1/1夜にNHKで表記の番組があり現在の惨状を作ったA級戦犯竹中平蔵氏が出演。
以下その信じられない発言に対しての個人的感想。
・改革が不十分だから今の惨状が起こった、さらに徹底を
→いや、どう考えてもその前に当事者として具体的反省をするべきかと
・大企業に対する法人税をもっと安くしろ
→法人税を安くしても内部留保にまわるだけ、雇用経済対策には絶対関係ない
・市場に何でも任せればよいなどと言ってはいない
→一瞬耳を疑った、この人には恥という感覚が皆無なんだなと

そう言えば竹中氏は昨秋に経済誌週刊ダイヤモンドでも農業産業論をぶちあげていた。
「農業を成長産業にせよ! 規制を緩和すれば必ず「農業起業家」は増える」
http://diamond.jp/series/nippon/10030/
知っていて言っているのなら間違いなくこの方は詐欺師である。
米を輸出しろというが日本特有のジャポニカ米は海外では好まれない。
大規模化とてここまで国策で大規模な灌漑事業はほぼやり尽くしている。
まわりを見ればわかるだろう、一直線になった田んぼと三面張りの用水路だらけ。
これ以上やるにもその予算は国には残っていない、誰にその資金を出せというのか。
竹中氏のことだから規制緩和をして企業参入を簡単にしろと言い出すだろう。
企業参入にしてもまず農産物は天候いや気象条件によって左右される博打である。
このリスクを回避するために最近は植物プラントとも言える工場栽培が行われる。
ところがこれが不味いうえに高い、やはり土と太陽は農産物の原点だろう。
何よりの問題点はあまりに安すぎて収支が成り立たなくなっている。
今の食品価格は中国などからの輸入食品・農産物をベースに設定されている。
昨年から輸入食品の安全性云々と言う割に、国産品をベースにした食品価格には戻らない。
圧倒的に「安全性は欲しいけど、値段は安くないと買わない」というわがままな消費者は多い。
そしてその消費者に対して安値を武器に販売している小売・外食事業者しかいない。
このサイクルの中で、農業が儲かるはずがないのである。
むしろ農産物を高く売ることの出来る小売店や外食店を作らせるほうが効果は高い。
耕作放棄地の事や法人化などダイヤモンドの記事には他にも突っ込みどころ満載である。
まお笑い芸人との対談記事なのでそういった視点で読めば本人も本望だろう。
[PR]
by bx_16v | 2009-01-04 11:24 | 食べ物/農業


最新のトラックバック
夜須町最奥地の仲木屋・沢..
from 今日も自転車は走る。
自由は土佐の加茂より
from shez_moi(シェ・ムワ..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧