自由は土佐の加茂より


昭和30(1955)年の合併で消えた加茂村より雑感発信
by bx_16v
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夜行列車

東京~大垣駅間を結ぶ夜行快速「ムーンライトながら」が定期運行をとりやめるという。
東京在住時代(この頃は単なる夜行普通列車だった)にはよくお世話になった。
初めて利用したのは19歳の夏休み、自転車で府中市から信州を横断した帰りに使った。
甲州街道から美ヶ原・松本・野麦峠経由で各地の林道と峠を走って飛騨に抜けて帰京。
休み目一杯使っていたので朝そのまま会社に出向いて仕事を した。
荷物一式は宅急便で送り、自転車だけを輪行して帰ったものだ。
その後も北アルプス登山や自転車旅行でこの通称大垣夜行を利用した。
同じように利用していたのが新宿発の夜行普通列車、当初は岡谷行きだったが後に上諏訪行き。
急行アルプス号というのもあったが毎週のように使うとなると急行料金も馬鹿にはならず。
連休前には3時間前から新宿駅のアルプス広場に並んで席取りをしたものだ。
たしか23:45に新宿を出て早朝6時前に上諏訪駅着だった。
上諏訪駅や茅野駅で寝ぼけ眼で自転車を組み立てたり他の登山者と割り勘でタクシー使ったり。
この列車はちょうど長野県へ引っ越した15年ほど前に定期運行を取りやめたらしい。
長野から高知に帰って利用する機会もなくなり時代の流れとはいえ寂しい限りである。
[PR]
by bx_16v | 2008-12-27 23:18 | 学校/地域

難易度その2

追加
★★★
6 舟戸小中学校(大川村) 1972年廃校
  早明浦ダム完成により水没移転、この際に中学校は統合されて大川中学校となった。
  場所はわかっているもののここもおそらく湖底の泥の中であろう。

訪問済みの中では
★★★
1 組合立上西小学校(吾北村=現いの町) 1951年廃校
  吾北村史(1972発行)に記載されているが吾北教委や役場でも詳細は不明だった。
  現地で一日聞き込んでやっと跡地を確認できた。
2 殿御舎小中学校(本川村=現いの町) 1973年廃校
  営林署事業所閉鎖により住民離散、ここの訪問で国会図書館の活用を知った。 
  訪問時には林道が通行止めで大回りを強いられ行くだけで半日。
★★
1 国見小学校(土佐山田町=現香美市) 1970年廃校
  穴内ダム湖底、元々高台にあったので渇水期には跡地の確認が可能。
  2年ががりで水量を確認し訪問、きっと四国電力の担当者はうんざりしていただろう。
2 奈比賀小学校藤内分校(安芸市) 1966年廃校
  ここも詳細な場所はわからず、しかも集落移転で住民は皆無。
  運の良い事に元住民が柚子収穫のため現地にいたのでスムーズに判明。
[PR]
by bx_16v | 2008-12-21 11:27 | 学校/地域

松山「ことり」の鍋焼きうどん

今日は早起きで松山市行きの仕事、8時半開始昼過ぎには終了したので久々に「ことり」へ。
c0109133_21164314.jpg

3年ぶりの「ことり」、大街道から銀天街に入った東外れにある鍋焼きうどん専門店。
メニューは鍋焼きうどん¥460と稲荷寿司¥240だけという潔さ(生卵の追加は可能)。
両方オーダー、ここは鍋焼きうどんの配膳時にお金を払う。
イリコと昆布の出汁で甘めの味で、見た目よりボリュームがあって暖まる。
夏でも鍋焼きうどん一本ってのがすごい、それだけ愛されているのだろうけど。
[PR]
by bx_16v | 2008-12-11 21:53 | 食べ物/農業

芸西神楽

九重小学校(芸西村)の訪問取材で校区内の集落を巡った。
この校区の道家集落の大野家には芸西神楽が伝承されている。
正確には伝承されていたという過去形となる。
手持ちの資料では1967(S42)年秋以降40年余奉納は行われておらず絶えて久しい。
高知県内には土佐神楽として国の無形文化財に指定された神楽が9つある。
ところが芸西神楽とその本家と伝えられる相名(馬路)神楽はその中には含まれない。
土佐神楽が国の指定を受けたのは1980(S55)年であり既にその時点で絶えていた。
道家の集落中心に大きな桧のご神木とともに神楽舞台の神社が残っている。
c0109133_2324137.jpg

よく手入れされた舞台は今すぐにでも神楽の舞が演じられそうだ。
c0109133_2326348.jpg

芸西村役場で復活を模索しているらしいが残された時間は少ないかと思う。
芸西神楽の舞については写真と文献での保存がある程度されているそうだ。
音声的な保存(太鼓など)があるのかどうか確認はしていないが今ならまだ間に合うか。
道家で聞けばまだ何人かは何度か奉納を見た人が生きているという。
道家集落の最大行事であった芸西神楽は過疎によってこのまま消えてしまうのか。
過去の正確な数字を把握していないので現在形だけ、道家は6世帯7人となっている。
[PR]
by bx_16v | 2008-12-10 23:36 | 学校/地域

難易度

休廃校を訪問していく中で資料を集める段階で既に難易度が確定しつつある。
現段階で自分なりの感触でまとめたみた(★1~3で3が最大難度)。
★★★
1 羽根小学校中峰分校(室戸市) 1965年廃校
  集落離散のため住民皆無、国土地理院(旧地理調査所)にも記載地図現存なし。
  救いは林道が現地まで開通していることと羽根に元住民がいるらしいという情報。 
2 羽尾小学校仲木屋分校(夜須町=現香南市) 1961年廃校
  郵政弘済会発行の古い地図で所在地こそ判明しているが集落離散のため住民皆無。
  集落跡までの道さえ不明、もよりの林道からは徒歩1時間程度か。
3 河口小学校上岡分校(物部村=現香美市) 1962年廃校
  地理調査所の地図にて所在地こそ判明しているが集落離散のため住民皆無。
  集落跡までの道さえ不明、もよりの林道からは徒歩2時間程度か。
4 山奈小学校大物川分校(宿毛市) 1959年廃校
  営林署事業所の閉鎖に伴い集落消滅、よって所在地不明。
  救いは林道が開通しているのと越境通学の卒業生が中村市(現四万十市)にいる。
  問題は建設中の横瀬ダム完成で水没の可能性が大きいので時間的余裕がない。
5 大河内(西部)小中学校(土佐町) 1970年廃校
  早明浦ダムの湖底にあり「渇水期でも泥の中(土佐町職員談)」。
  場所は判明しているのだが実質的に訪問は不可能かも。
★★
1 佐喜浜小学校段分校(室戸市) 1971年廃校
  ここも集落消滅、ただし林道があり所在地も古い地図で確認、問題は遠い事。
2 芸西小学校白髪分校(芸西村) 1971年廃校
  同じく集落消滅、林道があるが一度敗退。その後だいたいの場所を聞き込み済み。
3 奥屋内小学校黒尊分校(西土佐村=現四万十市) 1957年廃校
  所在地記載の地図が現存せず未確認、まだ住民はいるので行けば何とかなるかと。

1 沖の島/鵜来島の各休廃校
  とにかく遠い、どうやっても日帰りは困難なのが頭痛の種。
2 高知外語中高等学校(高知市) 時期不明
  私立なので資料がほとんどない、場所も未だ不明のまま。 
[PR]
by bx_16v | 2008-12-07 22:25 | 学校/地域

沖の島

仕事で出かけた西海町(現愛南町)の県道から沖の島が見えていた。
c0109133_1002961.jpg

休廃校の訪問で時間的に一番しんどそうなのがこの沖の島と鵜来島の離島。
両方で小4中3の休廃校がある、もっとも併設ばかりなので訪問場所は4ヶ所。
問題は宿毛市営の定期船のタイムスケジュールである。
片島(宿毛本土)7:00→鵜来島7:50→弘瀬(沖の島)8:20→母島(沖の島)8:35→片島9:25が午前の便。
片島14:30→母島15:20→弘瀬15:35→鵜来島16:05→片島16:55が午後の便。
鵜来島小中学校は港のそばなのでおそらく3時間もあれば取材はすむだろう。
沖の島は範囲が広いので一日では難しいと思われる。
ところが定期船だと鵜来島へ行ったら現地泊か宿毛市本土泊しかないのである。
午前の便で沖の島へ渡り取材して午後の便で鵜来島へ渡り現地泊。
これだと沖の島で5時間しか余裕がないため無理。
もしくは午前の便で鵜来島へ行き間違いなく時間をもてあまして午後の便で片島、本土泊。
沖の島で1泊はしょうがないとしてももう1泊する必要がある。
いっそ柏島あたりからカヌーで自力移動しようかとも思案中なのである。
[PR]
by bx_16v | 2008-12-04 10:14 | 学校/地域

キリンハウス

仕事で南宇和方面へ出かけた帰り宿毛市のキリンハウスにて昼食(とはいえ14時半)。
老舗の手作りハンバーガーショップで500円も出せばお腹いっぱい。
c0109133_2292775.jpg

何にしようかと迷ったので店主に「こじゃんと腹減っちゅうきおすすめは?」と聞く。
おすすめの「スナック+チーズバーガー+コーラS」¥670。
スナックはフライドポテト/サラダ/フライドチキンが山盛り。
バンズもバーグもオリジナルのチーズバーガーは美味しくいただいた。
結構な量だったが出された物は必ず食べきるという主義なので何とか食べ終えた。
宿毛市も鉄道開通やバイパスの完成で買い物客が郊外型へ完全にシフトしている。
中心商店街に位置するこのお店も大変だろうがいつまでも続いて欲しいお店の一つ。
[PR]
by bx_16v | 2008-12-01 22:18 | 食べ物/農業


最新のトラックバック
夜須町最奥地の仲木屋・沢..
from 今日も自転車は走る。
自由は土佐の加茂より
from shez_moi(シェ・ムワ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧