自由は土佐の加茂より


昭和30(1955)年の合併で消えた加茂村より雑感発信
by bx_16v
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

不可解な事故

信濃毎日新聞 7/28
27日午後2時50分ごろ、北アルプスの三国境から白馬岳(2、932メートル)に通じる尾根で、登山中の岐阜県の男性(66)と妻(60)が落雷に遭い、手足がしびれて歩行困難になった-と、同じパーティーの仲間が近くの山小屋に助けを求めた。
http://www.shinmai.co.jp/news/20080728/KT080727FTI090014000022.htm

記事を読んだ限りでの感想である。
何故6人パーティーの2人が落雷して残りの4人が全員山小屋に向かったのか。
通常こういう場合リーダーかサブリーダーが現場に残るのは当たり前である。
それ以前にいくら何でも突然の雷ではなかろう、天候急変に対応した行動がとれなかったのか。
このコースは以前歩いているが特に難所と呼べる場所はない。
しかし3,000m近くの稜線であり仲良しグループの登山ですむような場所ではない。
パーティーとしてきちんとしたリーダーがいなかったのか。
いずれ山岳雑誌等で詳細が明らかになるだろうが今ひとつ不可解な事故だと思った。
[PR]
by bx_16v | 2008-07-28 23:06 | スポーツ

疲労困憊

イベントその他が何故か今日に集中してしまいハードスケジュールの一日だった。
4時起床で仁淀川に仕掛けておいた鰻罠の回収、中物2尾。
朝食をかき込んで高知市横浜に移動、9時半から浦戸湾親子カヌー教室。
c0109133_20594075.jpg

後片付けも早々に13時半に日高村役場へ、お客さんと合流し猿田洞ガイド。
c0109133_2115920.jpg

15時過ぎに終わったがこの時点でかなり疲れており猿田洞入り口で冷気にあたって20分ほど昼寝。
高知市へ引き返し17時から草サッカーの試合、30分ハーフでも足が動かず。
耐久レースのような一日だった。
[PR]
by bx_16v | 2008-07-27 21:14 | スポーツ

長谷渓谷シャワートレッキング第一号

長谷渓谷シャワートレッキングの第一号ガイドを7/19に行った。
天気もよく水温もちょうどで楽しんでいただけたと思う。
およそ1時間ほどで獅子落ちの滝まで遡行。
滝壺で泳いだり飛び込んだりお客様もよい気分転換になったようである。
c0109133_845983.jpg

[PR]
by bx_16v | 2008-07-25 08:06 | 学校/地域

長谷渓谷遡行

仁淀川エコツアーのメインメニューの候補である柳瀬川支流の長谷渓谷を遡行する。
メンバーは私とMさん(仁淀川町)・S氏(NPO仁淀川お宝探偵団)・地元のN氏とI嬢。
ヘルメットと渓流足袋を装着してもらい林道から降りて10:04出発。
遊歩道合流点で3m小滝、念のため細引きとシュリンゲで補助を張る。
c0109133_2120247.jpg

このあとも小滝がいくつかあったが楽しみながら水流を登る。
竜の滝と呼ばれる9m滝で遡行終了、遊歩道から上部へ。
獅子落としの滝では滝裏へ入ってみる、涼しさを通り越して寒いぐらい。
そのまま遊歩道で行き止まりの長とろの滝まで行って引き返す。
竜の滝までの遡行なら家族連れでも楽しめる変化に富んだコースである。
先日の柳瀬川本流よりもこちらのほうがいいだろう。
いかにしてお客さんを呼び込み地元に少しでもお金を落として貰うか、知恵を絞らねば。
[PR]
by bx_16v | 2008-07-14 21:35 | スポーツ

カヌー教室

c0109133_9131621.jpg

昨日7/9は三里中学校1年生を対象に種崎海水浴場にてカヌー教室。
45名を2班に分けてそれぞれ1時間ずつ。
薄曇りで風が強く海辺にいるのはいいあんばいの天候だった。
もっとも生徒達はその風にやや苦戦していたが。
総合学習授業の中で毎年行ってきた事業だが時間の切り詰めで来年以降は不透明らしい。
[PR]
by bx_16v | 2008-07-10 09:19 | 学校/地域

柳瀬川源流遡行

今日は佐川町の中心河川である柳瀬川源流部を遡行。
13:00小奥の先標高250m地点で入渓し遡行開始。
単独行なので細引き20mを持参するかどうか悩んだが林道がほぼ並行しているので持たず。
装備はシュリンゲ1mと3mと念のためライフジャケット。
小さな滝と釜が続くが思いの外深い釜が多いが暑いのでへつりよりも泳いで攻める方が楽しい。
山の神と呼ばれる場所で林道と交差、ここから少し渓相が変わる。
やがて予想外の6m2段の滝、下段は左から乗り越す。
c0109133_1950640.jpg

上段は釜を泳いで左から取り付き水流の中を斜めに横切る。
釜が深くライフジャケットがなければ右側の大岩を乗り越えるしかなかっただろう。
この後は難所もなく沢歩きを満喫する感じで順調に遡行。
再び林道と交差したあと時間的な問題もあり標高450m付近で16:10遡行終了。
林道にデポしておいたMTBで下って撤収となった。
山の神から林道交差地点までなら家族連れでも2時間程度であろう。
きちんとした受け入れ体制を整えて尾川地区活性化の一環として渓谷ウォーキングという体験型イベントにできる目処がついた。
[PR]
by bx_16v | 2008-07-06 20:43 | スポーツ

オクラの花

オクラの花が咲いて本格的に収穫となりだした。
淡い黄色の花は野菜の中で一番きれいな花だと思う。
c0109133_21302131.jpg

高知あたりだと特に何もしなくても普通に収穫できる野菜。
長野県に住んでいた頃栽培を試みたが普通に栽培しても小指以上には生長しなかった。
不織布や寒冷紗を使って温度管理をして何とかといった代物であった。
やはり気候条件にマッチする作物というのは大事だと実感した次第。
梅雨明けとともにモロヘイヤも絶好調となってきた。
オクラ・モロヘイヤを納豆と一緒に混ぜてネバネバかけご飯で夏バテ防止、最高である。
[PR]
by bx_16v | 2008-07-05 21:29 | 食べ物/農業

モノレール修理

c0109133_20152365.jpg

岩柄で運搬用モノレールの修理。
6年ほど放置してあったそうでエンジンがかからないという話。
混合エンジンなのでこのパターンはまずキャブまわりが詰まっていると判断。
早速キャブのオーバーホール、分解して洗浄、ピンホールもワイヤーで一つ一つ清掃。
燃料パイプやホースもすべて洗浄し2時間ほどで修理完了。
肥料や薪の運搬に時々使わせて貰うことにする、使わないとまた詰まるし。
[PR]
by bx_16v | 2008-07-01 20:21 | 学校/地域


最新のトラックバック
夜須町最奥地の仲木屋・沢..
from 今日も自転車は走る。
自由は土佐の加茂より
from shez_moi(シェ・ムワ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧