自由は土佐の加茂より


昭和30(1955)年の合併で消えた加茂村より雑感発信
by bx_16v
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

台風5号

c0109133_21592151.jpg

仕事で訪れたある施設で古い写真を見つけた。
1975(昭和50)年の台風5号の加茂地区の被災写真である。
画面中央やや右上から山沿いに国道33号線、中央左端が当時の国鉄土佐加茂駅になる。
左上のほうはレストラン高知があるあたり、完全に水没している。
驚くのはこの写真が撮影されたのは災害2日後の8月18日、つまり水がまったく引いていない。
当時は高知市内に住んでいたのだが鏡川南岸にあった家も一階が水没。
暴風のなか真夜中にゴムボートで命からがら小学校に避難したことを憶えている。
以降高知県内で引っ越しをする際にはこの台風で浸水しなかった場所を最優先にしている。
仁淀川水系で甚大な被害を出したこの台風はその後のこの地域の山を変えた。
たしかに大きな被害をもたらしたものの百年に一度の災害に等しかった。
しかし再発を防ぐためにすべての災害基準はこの台風が前提となってしまった。
源流部でもコンクリート3面張りの工事が一気に進んだ。
谷川は排水路と化しそこから生き物の姿は消えた。
池川町ではアメゴの豊富な沢がいくつもなくなった。
その後県レベルでこの台風に匹敵する災害はなく、大きな台風そのものが来ていない。
3面張りになり川と言うには情けない姿を見る度に複雑な気分になる。
ここまで神経質になる必要があったのか、台風以上に自然を痛めつけたのは我々ではないのか?
生き物の気配すらしない谷川を見るとそう思ってしまう。
[PR]
by bx_16v | 2007-05-09 22:22 | 学校/地域
<< 岬めぐり 屋台 >>


最新のトラックバック
夜須町最奥地の仲木屋・沢..
from 今日も自転車は走る。
自由は土佐の加茂より
from shez_moi(シェ・ムワ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧